2018夏ドラマ大反省会

 

反省する必要があるのはどこのどいつだーい?!!

 

あたしだよ!!!!!!

 

そうです、紛れもなく私なのです。

ドラマは初回から見た方が面白いから…と私にしてはまあまあ早いスパンで各ドラマの初回感想をあげたはいいけど大して役に立たず、テレ朝深夜枠(ヒモメン・dele)に関しては初回の感想すらあげなかった。私の初回の感想なんて当てになんねえ…とやさぐれつつも、個人的に推したかったギボムス・透明なゆりかごの記事を書いておりましたが遂に公開せず…前期はテレ東が全くと言ってカバー出来てなかったので夏こそは!と思っていたのに、トオルの受難ドラマ(ラストチャス)しか見れませんでした。反省、猛反省!
しかし今なら書ける!このテンションなら!というわけでこの勢いで夏ドラマ(私の)大反省会を開催します。

 

そんな私と共に反省するのはお前だ、お前だよ日テレ!!!

ドラマは日テレと言われていた時代も今は昔…水曜22時が大本命なのはわかるけど、ぶっちゃけ後の枠はどうでもいいんじゃないかと思うほどの投げやりさを、最近の日テレドラマには感じてしまうのです。


日テレの水曜22時と言えば、人気脚本家が担当している同局の鉄板枠。2018年春は坂元裕二脚本の「anone」、そして今夏は野島伸司脚本の「高嶺の花」が放送。皆んな大好き石原さとみ演じる月島ももは華道のお嬢様、相手役の峯田和伸演じるぷーさんは町の小さな自転車屋で「外見も身分も超弩級の格差恋愛!」が大きなテーマでした。

www.ntv.co.jp

twitterでも散々言ってる通り私は野島伸司脚本が大好きで、その私でさえも1話放送後「これは中々のカオスっぷりだ…」と頭を抱えることに。野島よ、また地上波プライム帯に来たというのにこんなカオスを世に撒き散らしていいのか…?!と。

しかし1話のクライマックスであった、格差ある二人が向き合って朝食をとるシーン。

 

f:id:asunako_9:20180921121709j:plain

https://news-sokuhou.site/takanenohana1/

野島伸司が放つぶっ飛んだ世界で、ふと見える素朴な日常。そこがとても良いなぁ、これからもこんなシーンが見れたら良いなぁと思ったらやっぱりカオスはカオスでした。あらすじを書こうと思ったけどキリがないので省略(wikiで丁寧にまとめられてます!)

 

愛する人を裏切った罪悪感と孤独を感じることで立派な華道家になれると思ったもも(石原さとみ)、しかし亡くなった母(最終回間際で天才華道家だったことが判明)の「私はお花」発言でヒントを得て、伝統を重んじる月島流から脱却し新しい流派を作ろうとします。「芸術家に孤独や罪悪感なんていらねえ!私は愛する人から貰った溢れんばかりの愛でお花活けます流派」です。さとみが「私はお花」を連発するので、画面前の私もお花なのでは…?と思ってしまいました。途中で不登校少年が自転車で自分探しの旅に出たり、ももの親友・千秋(香里奈)がぷーさん(峯田和伸)にハニトラを仕掛けたりと色んなことがあったけど果たしてそれに意味はあったのかと聞かれると謎。

謎といえば、今作のイケメン枠・千葉雄大演じる宇都宮龍一。伝統ある月島流に対し、龍一率いる宇都宮龍彗会は過激なパフォーマンスで人々を魅了する中々ロックな新興流派。なんせ花を活けるのはばーちーではなく、周りの怪しい連れなんです。

f:id:asunako_9:20180921122701j:plain

https://news-sokuhou.site/takanenohana1/

しかもこの怪しい連れ、龍一曰く「 高校の同級生」とのことでどんな経緯でそうなるんだよ。そんな過激派・龍一、なんと月島の奥様・ルリ子(戸田菜穂)と関係を持ち、娘のなな(芳根京子)を惚れさせた挙句、月島の家元(小日向文世)からももとの縁談を勧められます。まあこれも、全て月島の家元の差し金なんですけどね。

戸惑うものの、これで偉大な華道家である兄(高橋一生似)に太刀打ちできるかもしれないと車を猛スピードで運転しながらヒャッヒャと笑いフェードアウト。その後行方知れずとなってしまい、もしかして死んだ…?!と思ったら牧場にいました。

 

f:id:asunako_9:20180921124554j:plain

※イメージ


馬を撫でながら「俺を金持ちにしてくれよ!」と爽やかに笑っていました(馬になりたい)なな曰く「彼は常に時代の先を見るから新しいことをまた考えるんだって」とのことですが、お前花はどこ行ったんや…。

その牧場にて、散々振り回してきたななと初キス。野島脚本あるあるの「屈折したイケメンが純粋無垢な少女から真実の愛を教わる」結末ですね。わたくし大好物です。

ちなみにぷーさんは今まで通り自転車屋、ももは小さな生け花教室を開きます。よく分からないけど皆んな丸く収まって良かった。


イケメンと言えば、土曜日の日テレ枠・波瑠主演の「サバイバル・ウェディング」。

www.ntv.co.jp

元々21時代だったのを22時にずらし、亀と山P主演「ボク、運命の人です」から華麗にスタートした枠で、別名・土曜のジャニーズ枠です。今期はジャニーズいねえな?と思ったら失礼しました、我らが風間大先生がいましたね。そして相手役には今をときめきまくっている吉沢亮をもってきたじゃないですか。見つけてしまったか、見つけてしまったのね日テレ。

 

30歳の誕生日を迎えたさやか(波瑠)は寿退職が決まっていたものの、婚約者・和也(風間俊介)の浮気が判明し婚約破棄に。ちなみにベッドから赤い紐パンが出てきて和也の浮気がバレます。その後、何とか元の出版社で復職が出来ることになったさやかですが、今度は有名ファッション雑誌「Riz」に配属されることに!超破天荒の編集長(伊勢谷友介)から「三ヶ月以内に結婚しないとクビだ!」と言われてしまい、何とか結婚しようと奮闘する婚活ならびに恋愛指南コメディ。

恋愛指南コメディといえば中谷美紀主演「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS)が記憶に新しいけど、今作はファッション業界のマーケティングに準らえた恋愛アドバイスが見どころ。日本版「プラダを着た悪魔」という感じですかね(見てないけど)

 

編集長のアドバイスは的を得ている気がするし、有名ブランドの戦略が聞けるのも面白い。伊勢谷友介はイケメンの無駄遣いだけど、吉沢亮演じる柏 木 王 子 の 御 顔 が 良 い!しかし今作、勿体なさすぎる二大演出が目にあまるのです。ちなみに私がこの話をするのは123628208回目(体感)

 

まず一つは「作品内に文字が多すぎる」。例えばLINEが鳴ったら「LINE」という文字が出現し、ブルゾンちえみ演じる何かあればすぐインスタにアップする系女子が「映え~」と写真を撮ればインスタの画面が出現する。まあここまではいい、今どきのドラマっぽくてまぁいいんだ。問題はこの作品の肝となる編集長からのアドバイス時にも、文字が乱用されるということ。というか急にパワーポイントを用いたスライドショーみたいな画面になるのです。

 

f:id:asunako_9:20180922103230p:plain

f:id:asunako_9:20180922103250p:plain

この画面で伊勢谷さんがマーケティング戦略をああだこうだ語るわけですが、スライドショー(文字)がわかりやすすぎて伊勢谷さんの台詞が一向に入ってこない!

確かに他人の成功体験を語る際どんな画にするかというのは悩ましいし、ひたすら語る編集長と話をただ聞くさやか、という構図は退屈かもしれないし、ああ確かにスタッフが作ったスライドショーはわかりやすいさ!!それは認めるとも!!

…しかし我々視聴者はプレゼンを見ているわけではなく、あくまでもドラマを見ているわけです。折角の伊勢谷さんの台詞を殺しにかかっているような演出に感じてしまう。最近PPの勉強をして披露したくなったスタッフでもいたんですかね。

 

二つ目は「謎のマジパン演出」。

さやかは婚約破棄されるものの、割とすぐ取引先相手の王子様・柏木祐一(吉沢亮)に出会います。仕事だけでなくランチをしたり一緒に帰ったり、現実ではまあそんなこたぁ起こらないとは思うのですが、その度に妄想しちゃうわけです。その妄想シーンに使われるのがマジパン演出!(マジパンは私がそう呼んでるだけで、公式ではコマ撮りアニメと呼んでるらしい)

f:id:asunako_9:20180921153011j:plain

https://www.oricon.co.jp/news/2119631/full/

この素朴な人形が出てきて、さやかや祐一のアテレコが入るわけですがこれがマジでいらない。でも絶対この演出すごく手間暇かけて撮影してるんですよきっと、と思っていたらやっぱりそうでした(『サバイバル・ウェディング』コマ撮りアニメの裏側もサバイバル(2018年9月15日)|ウーマンエキサイト(1/4))

 

しかしこのマジパンがどうこうより、この演出が主演の波瑠には不向きだと思うのです(ファンの方、気分を悪くされたらすみません。超個人的な見解です)

個人的に、個人的にですよ!波瑠自身が「ナチュラル」を売りにしている女優さんで、台詞とかにも基本起伏がないんですね(最近そういう人多いよね)ご本人的にはつけているんでしょうが、声質的にあまり起伏を感じられない声なんです。例えば前述した石原さとみのように「たぁ~~かぁ~~ねの花よ~~!!」といった素っ頓狂な台詞や失恋ショコラティエ時のような男に媚びるブリブリの台詞は、波瑠には合わない。しかし、ナチュラルな姿勢で同性からも敵を作らなさそうな存在は、作品の主役に起用しやすいし(イケメン俳優の相手役をしても女に僻まれないから)特にお仕事ドラマや刑事ドラマには非常に向いていると思います。

 

ちょっと話が反れましたけど。

しかしこのマジパン演出には起伏がいるんです。通常の5割増しくらいじゃないと伝わってこないというかもう正直に言うと棒に聞こえる。

f:id:asunako_9:20180921153011j:plain

例えばこのシーンで「祐一さ~ん♡」と表現するのにも、「祐一さ~ん♡♡♡♡♡」くらいしないと画面を越えて伝わってこない。同じマジパン演出をされる吉沢亮も個人的には起伏がない系俳優だと思っていたのですが、マジパンにされてわかった。彼は起伏あるんです。だからこそヒロイン・さやかのマジパンシーンが浮いて聞こえちゃいました。私が波瑠のマネージャーだったら、今後のマネージャ生命を賭けて全力でマジパン演出をNGにしますね。

 

個人的に、ラブコメの主人公には起伏が欲しいんです。喜怒哀楽やコロコロ感情が変わる演技。今作のようなタイプの主人公に、波瑠は少しテンション不足かな…と最後までその印象は拭えませんでした。テンションっていうのは単にキャアキャア言うことでもキャピキャピするわけでもなく、感情の波です。30歳の役なので無くてもいいのでは?と思うかもしれないけど、30歳になっても40歳になっても喜怒哀楽はあるから!!(byアラサー)

ちなみに私は初回から、このドラマが15年くらい前の作品だったら主人公は深津絵里なんじゃないか説を唱えております。どちらかというと主人公をサポートするメアリージュンポジションの方が波瑠には向いてるのではないかな?彼を振り向かせたいんです〜!男心がよくわかりませ〜ん!って嘆いて普段着ないピンクのワンピースとかに挑戦しているラブコメ主人公よりも、「世界一難しい恋」のような一見クールで物静かなヒロインとか「もみ消して、冬」のようなドSお姉様の方が、彼女のポテンシャルを存分に発揮できている気がします。でも最終回、無事結婚できて良かったね。インドでもサバンナでも地の果てでも死ぬほど羨ましいです、さやか。

 

土曜のライト枠に続き、次の日の日曜日も日テレは懲りずにライト枠で責めてきます。近年ではクオリティ的にどチープ枠。そのどチープ枠が、今回はジャニーズ主演でした。

 

ゼロ 一獲千金ゲーム|日本テレビ

 

原作は、藤原竜也と尖りすぎている顎でお馴染み・福本伸行。日本一の資産家・在金(梅沢富美男)が若者たちを集め、賞金1000億円を賭けた命懸けのゲームを開催。欲にまみれた世界の中で、仲間を信じゲームに挑むのが零(加藤シゲアキ)ってわけです。ほぼ流し見なのであらすじがざっくりしていて申し訳ない。

 

ゲームがメインの作品は、作るのが非常に難しい。まず視聴者にゲームのルールを理解させなければいけないし、普通の作品よりも集中力を求められる。複雑なトリックだったらついてこれないし、簡単すぎるとツマンネってなってしまう。つまり絶妙なバランスが必要なわけです。まぁそれが出来た作品もあるんですけどね、ライアーゲームって言います。

 

主演のシゲ(ジャニヲタなので勝手にそう呼びます)は頭脳明晰で、難しいトリックやイカサマをされても答えを導き出していきます。同時に各ゲームの解説や仕掛けを言う役割なのですが、これまたシゲの喋り方って癖があるんですわ…(当社比)同作品に出ている間宮祥太朗(こちらも頭が良く、零に反発しているものの最後はいい奴になる)の方が歯切れも良く、聞きやすい声をしているのでそういった解説担当は彼の方が向いていたような。今作に限らずだけど、間宮くんはかなり器用な役者さんですよね。

 

これも散々言ってしまったのですが、NEWSが出過ぎ!まさかの全メンバー出てきてしまいました。福本作品の実写化というよりはNEWS15周年記念ドラマになってしまった。その手の類はアルバムの初回特典にでもつければいいし(大丈夫、オタクはきっと買う)何なら同局の月曜深夜がジャニーズ専用枠と言っても過言ではないのでそこですればいいと思います(東京エイリアンブラザーズをしている枠)。ただ城山小太郎役の手越というか最早ただの手越の登場には大変爆笑させていただきました。

 

というわけで今期、日テレはフタを開けてみれば木曜深夜の「探偵が早すぎる」が一番面白かったんじゃないかという結論に。事件を未然に防ぐ早すぎる探偵・滝藤賢一さんが活躍しまくるお話。広瀬アリス水野美紀、メイン三人のバランスが非常に良く話自体はくだらないのだけど、そのゆるさが逆に良かった。フジテレビ月曜21時の「絶対零度」に滝藤さんがいれば、多くの悲劇が起こらず済んだのではと思うとミハンシステムよりよっぽど滝藤さんの方が役に立ちそう。

 

勢いで駆け抜けてしまった大反省会。このノリで全ドラマをしようと思っていたのですが、日テレで5000字を超えてしまいましたのでここでひとまず。来期日テレは野木さん脚本と山口紗弥加主演の深夜ドラマに、是非テコ入れをしていただきたい!日テレ頑張ろうな、私も頑張るから!!!(各方面のファンの方、申し訳ございませんでした)

 

※波瑠さんのお名前、変換ミスしておりました。申し訳ございません