あすなこ白書

明日菜子の思うこと、感じたこと

今期は「僕たちがやりました」が兎に角スゴイ

気がつけば9月に入り、涼しくなってきた今日この頃。2017年夏ドラマも終盤に差し掛かり、中には最終回を迎えたドラマもある。

 

思えば夏ドラマに関しては、前期よりも期待度が個人的に高かった。その理由は何てったって月曜9時の「コードブルー」。フジテレビの月9がパッとするかパッとしないかでその期のドラマ全体のカラーが決まると思っているので、久しぶりに「これぞ月9だ!」と見せつけてくれるような作品だと期待していた。
蓋を開けてみると、コードブルー筆頭に朝ドラコンビの「過保護のカホコ」そして意外にも「カンナさーん!」がそこそこの視聴率を出していたことに驚いた(シリーズものは見ていないので刑事7人の方が視聴率いいというツッコミは心の中に閉まっていただきたい)


後述するかもしれないが、私は遊川和彦作品に対して少しトラウマがあるので、カホコに関しては最後まで気を抜かずに視聴しようと決めていたが竹内くんの麦野くんは最高of最高だし、終わってしまったが金曜23時枠の「あいの結婚相談所」は育三郎が歌う主題歌を口ずさむくらいハマっていた。その後のテレ東枠「下北沢ダイハード」もアングラな世界観が面白いし、「ハロー張りネズミ」のゆるい感じも「ウチの夫は仕事ができない」のチープさも好きだ(褒めてる)

しかし!!

 

最終回まで残りわずかなこの時期に改めてオススメしたいのは、

なんといっても

 

フジテレビ火曜21時の「僕たちがやりました


永遠の童顔・窪田正孝が高校生を演じることが話題になった青年漫画(完結済み)の実写版である。原作をチラッと見ただけなので原作ファンからしたら言いたいこともあるとは思う…あるとは思うのですが!!


一ドラマ作品としては、かなり、かなりクオリティが高い!!(語彙力)作品の世界観、展開の仕方、そしてキャスティングセンス…!「僕たちがやりました」「ネタバレ」とggってしまったら安易に結末はわかってしまうのだろうが、それをグッとこらえて次週を待ちわびている自分が毎週テレビの前にいる。

 

話としては、凡下高に通うトビオ、伊佐美、パイセンが虐めにあった仲間・マルの復讐の為に、4人で向かいの矢波高に小さな爆弾をかける。計画ではビビらす程度の小さなものだったが、手違いで大爆発が起こり大勢の死傷者が出てしまう。四人は自分たちの「普通」「平凡」を守る為、逃亡生活を送ることになる。

こう書くと、そんな上手くいくんかいというツッコミどころ満載だが、それがまあまあ上手くいくのだ。


なぜかというと、爆弾事件の犯人の一人・元キンコメの今野演じるパイセンが物凄く役に立つ。超ド級の金持ちで逃亡資金だと200万ずつ渡したり、海外に逃亡しようと企てたり、結果彼の関係者が事件を揉み消ししたり…ピンチだ!!と思った時に必ず札束を持って颯爽と登場するパイセンに心を鷲掴みにされたのはきっと私だけじゃない。

パイセンに比べ、現役高校生三人組は普通でイマドキっぽい。主人公のトビオを始め、皆「平凡」と「そこそこ」を愛し、特別なことは望まない。自分たちが殺人犯で犯罪者なのにも関わらず、ワンチャン助かるかもしれない…!と浮かれたと思えば、一気にマイナス思考になる様子も何となくリアルだ。


中でも矢波高生にリンチにあった張本人・マル(葉山奨之)に注目したい。キノコ頭の彼は一見気弱そうに見えるが、事件を経たことで図太く進化。逃亡金200万で何をするかと思えば贅沢を極め、挙げ句の果てキャバ嬢に貢いで金がなくなり仲間の伊佐美(間宮祥太朗)の金さえ奪おうとするズル賢さを見せる。こいつゲスいな…と思うが、何となくこういう人間がいそうなのが怖いし、リンチされ虐げられて瀕死状態になりながらも生き延びたその結果が、彼の歪んだ部分を生み出したと思うと何とも可哀想である…
また、このマルを演じる葉山くんがとても上手い。逃げ恥にも月9にも、何なら私が大好きな「Nのために」にもいたわ!!と後からWikiを見てとても驚いた。それほどこのマルという役柄が合ってるし、下手したらこのイメージを引っ張ってしまうのでは…と思ったけれど、彼なら次回作にもピタッとフィットすることだろう。今後がとても楽しみな俳優さんの一人だ。

 

男性陣ではトビオ達を追う矢波高生・市橋役の真剣祐にも注目したい。彼こそマルをリンチし、数々の凡下校生を締め上げていた矢波校のトップである。「不良なマッケンもかっこいいよぉ〜>_<」と放送前はのんきに構えていたが、その端正な顔立ちとは裏腹にマジで怖かった。新宿スワン山田孝之並みに怖い。顔も綺麗だから尚更怖い。しかし、そんな彼も爆発事件の被害者で、車椅子生活になってしまう。
当初はトビオ達を犯人だと思い、彼らを追っていたが、ひょんなことからトビオと親友になる。実はトビオの幼馴染・蓮子(永野芽郁)のことが一途に好きだったり、お婆ちゃん子だったりと乙女ゲームの不良みたいなギャップを発揮したりする。
トビオとの男同士の友情は何とも微笑ましいが、、、もうこれ以上い、いえないううううっマッッッケーーーーン!!!!!!!

 

ヒロイン・蓮子を演じる永野芽郁ちゃんも超超可愛いが、毎回視聴者を釘付けにしてるのは何と言っても伊佐美の彼女・今宵を演じる川栄だろう。
クラスにいそうでいない可愛さ、ふわっとしてそうな体、ゆるふわそうな見た目と頭。彼女も現代っ子あるあるな事なかれ主義の子かと思えば、実は肝が据わった一面を見せる。
前クール「フランケンシュタインの恋」で男勝りな女職人を演じていた川栄ちゃんだが、今回みたいなそこらへんにいそうでいないビッチ役を演じさせたら右に出るものはいないんじゃないかと思う。
彼女もまた、どハマりな役だ。

 

「爆発事故を起こした高校生+金持ちのボンボンが巻き起こす逃亡劇」と単純な話かと思えばそうでもない。
トビオたちを様々なピンチが襲うがその度にギリギリのところで助かる。見ているこちら側も「このまま上手くいくんじゃ…?!」と思ってしまうところで、必ず彼らを絶望が襲う。
「はぁ助かった」とフニャッと笑った直後に後頭部をハンマーで殴られ「忘れんなよ」と奈落の底に落とされるような…何が言いたいかというと、幸福から奈落の底に突き落とす、緩急のつけ方がとても上手い。何が言いたいかと前置きしてるくせに語彙力が無いのが恥ずかしい。
トビオ達だけじゃなく、見ているこちら側も油断していたら突き落とされる。だからこそ、来週も見たい次回はどうなるんだ!!とワクワクとハラハラが入り混じったような気持ちに毎度毎度駆られてしまうのだ。


Mrs. GREEN APPLEが歌うOP「WanteD! WanteD!」もトビオ達の焦燥感を表してるかの如くスピード感ある曲で、ドラマの世界観にもぴったりだ。(個人的にサビの「ぼっくらは逃げてーる、自分の弱さから」というバンドマンにありがちな歌詞が大好きです!!!!) 


私も録画組な為、視聴率に貢献できないので偉そうには言えないが、これだけクオリティが高い作品なのに視聴率に反映されないのは見る層を選ぶからだと思う。確かにお母さんとは見づらいし、かと言ってお父さんとも見づらい。

 

しかし今日の放送含め、残すところあと二話。今から見ても楽しめるであろうし、願わくば是非最初から見ていただきたい。少し退屈な火曜日が、ちょっとワクワクする火曜日の夜に変わるはずだ(しかしあと2回で終わる

 

2017春ドラマまとめ①

※対象ドラマ→母になる、ひとは見た目が100%、リバース、ボク運命の人です

 

◎母になる 日テレ水22時

エリカ様、久しぶりの民放ドラマ…!
31歳のエリカ様が中学生の母親役というのは無理があるんじゃないかと思っていましたが、終始安定していたドラマでした。

幼稚園の息子が夫の教え子に誘拐されてしまいそのまま行方知らずへ…。藤木直人演じる夫とは離婚をし一人で暮らしていた所に、児童相談所からあなたの息子さんがいる…と連絡があり、中学生になった息子と再会するも、彼には7年もの間生活を共にした育ての母がいた…

9年ぶりにあった自分の息子に対し、母親としてどう接していいか日々奮闘する結衣(沢尻エリカ、自分の仕事を優先するあまり母親としての役目を十分に果たせず悩む莉莎子(板谷由夏、7年間他人の子どもの母親になっていた謎の多き女麻子(小池栄子
エリカ様始め出演されている役者さん、皆さん素晴らしかったです。私は未婚なので、小池栄子さんが置かれていた状況は少し気の毒なものだなぁと感じてしまいました。私が既婚だったら、このドラマに対してまた違う感想を持っていたかもしれません。

そして本当にエリカ様と藤木直人のDNAを受け継いで生まれてきたのでは…?!と思うほど見目麗しい広くんを演じた道枝駿佑くん。放送直後はお芝居について色々いわれていましたが、とにかくお顔が可愛いのでいいのでは…?!と思ってしまいました。回を重ねるごとに上手くなった…?!とネットで言われていましたが間違いなく皆さんの耳が慣れてきたのだと思います。泣きながら自分の本音を書いたノートを破るシーンは名シーンでした。舞台もいいがこれを機に沢山ドラマに出てくれ…!

あとやはりこのドラマのMVPと言えば個人的には藤木直人さん!!!
人工知能の研究をしていた元教授で事件をきっかけに引きこもりになってしまったのですが、家族3人でまた頑張っていこうとエリカ様と共に奮闘します。エリカ様は結構広とぶつかったりしていたのですが、藤木さん演じる陽一さんは終始穏やかに父親としての役目を果たしていた印象です。序盤の回で、広が育ての母親・麻子に会いに行くも結衣達には言えずコンビニに行ったと嘘をつくシーンがあります。
その時陽一さんが言った
「僕が研究していた人工知能と人間の違いってわかる?ロボットは嘘をつかない。コンビニなんてすぐわかる嘘はつかない、嘘をつくのは人間だから、生きてるからだ」
という台詞がとてつもなく心に沁みました。9年間息子はもう死んだのかもしれないと思っていた柏崎夫婦にとっては、広が生きていたことだけでもう奇跡なんですよね。理想と現実は違うかもしれないけど、自分たちなりにゆっくりとありのままの、中学生の広を受け入れていこうという陽一さんの優しさが溢れていました。またこの時に後ろで安室ちゃんの主題歌が流れるっていう…!

あと影のMVPは広と同じ施設に預けられているナウ先輩を演じた望月歩くんです…!!田中今偉(ナウイ)という平成生まれにとっては少し古いんじゃないかというキラキラネームを付けられた彼ですが、非常にしっかりしている広の兄貴分です。中々生みの親である結衣に対して心を開かない広に、自分の母親と対峙することによって親の大切さを理解させようとします。この望月歩くん、デビュー作であるソロモンの偽証が有名ですが、驚くほどの透明感です…!ナウイという名前に反し非常にデリケートな役柄だったナウ先輩にはぴったりでした。柏崎一家、ナウ先輩のことも引き取ってはくれないだろうか…とにかく幸せになってほしい…!

とてもいい作品だったのですが、他のエピソードを盛り込みすぎてメインの柏崎一家や麻子との対峙が薄れてしまったような気がしました。ナウ先輩回は重要だったけどゲストの大塚寧々さんの回を二週するならばもう少し柏崎家を掘り下げて欲しかったですね。むしろあと2回ぐらいして欲しかった…!
小さかった広が「ママ知ってる?胸がぎゅーっとなってきゅーっとなって泣きそうになるの。愛しいっていうんだよ」というこれまた名言があるのですが、私は陽一さん・広・木野さんがチューチューダンスを踊ったときにこの気持ちを感じました!!!!毎週じわっとくるような温もりと胸きゅんをありがとうございました。

 

◎ひとは見た目が100% フジ木22時

研究一筋の理系女子3人組がオシャレな町・丸の内勤務へ…!丸の内で浮かないようにする為、自分自身の為に日々ビューティー研究に勤しむのであった。

桐谷美玲さん、水川あさみさん、ブルゾンちえみさんトリオが演じた女子力向上系ドラマ。毎回ファッションやメイクなどを課題に取り上げ研究するのですが、自分たちだけでするととてつもなくダサい…そこに鈴木浩介さん演じる國木田さんがビシッと指導する!という展開でした。
ぶっちゃけ最初見た時は、ああこれは流し見ドラマだなと思っていたのですが結果的に私が見ていたプライム帯のフジテレビドラマの中では一番の面白さでした。
リケジョだからといって何で桐谷美玲さんはロボットと同棲してるんだろうとかよくわからないポイントもありましたが、水川さんと鈴木さんの振り切ったお芝居には毎度笑えました。むしろ二人がいたからこそという作品です!
その中で桐谷さん演じる城之内さんが、成田凌演じる美容師の榊さんを好きになるのですが、彼の為に変わろうと努力した結果、彼と付き合えることになります。しかし最終回の一歩手前、実は榊さんは他にも彼女がいたゲス男だった…!というこれまたこの設定必要だったのか?!というとんでもないサプライズがありました。
結局、ビューティー研究を重ね前向きになった城之内さんは榊さんへ自分から別れを告げ、これからも3人でビューティー研究頑張りましょう!というエンディングだった気がします。
榊さんに清々しい表情でお別れする城之内さんには成長を感じますが、精神的にも外見的にも見返して欲しかったですね。絶対最終回は桐谷美玲メガネ外すだろうな〜と踏んでいたので、え?!て感じです!!
そして水川さん演じる前田さん、ブルゾン演じる佐藤さんも、上司の松浦さん(室井滋)から「みて、あの人たち。あれでオシャレしてるつもりかしら?」と言われ、なんか…このタイトルでもある「ひとは見た目が100%」という言葉がとても重くのしかかった最終回でした。ここはハイハイおきまりの展開〜と言われても、もっと報われても良かったんじゃないか…!!!
深夜枠ならフラットに楽しめたであろう作品だと思いますが、あれだけ短い原作を1時間の連続ドラマに仕上げたスタッフさんは凄いと思います。佐藤さんと丸尾くんの恋愛も謎のまま終わったので、そこはきちっと回収して欲しかったです。

 

◎リバース TBS金曜22時

湊かなえ原作をドラマ化。こ、このあらすじ書くの難しい…ので省略!!!

湊かなえ×TBS金曜22時は池井戸潤×TBS日曜21時並みの安定感があります。しかし…なーんか少し地味だった印象…私が前作の夜行観覧車やNのためにが好きすぎた故かもしれません。
毎回「この中にいる犯人は誰だ…!」と煽ってきたのにも関わらず、結局は全く知らない人達が犯人だったというのは少し萎える展開だなと思っていたのですが、原作では蕎麦アレルギーが判明したところで終わるんですね…?!

じゃあ犯人竜也じゃん!!!!!!というか鉄矢は庇ってたけどやっぱり竜也が犯人じゃん?!!!!!!!

私も死に至るようなアレルギーを持っていたら、ちゃんと周りの人に伝えなきゃと思ったドラマでした。序盤は面白いな〜と思っていたんですが、中盤から展開が遅くてモヤモヤしちゃいました。贅沢ですかね。
最後の杉咲花ちゃんと窪田正孝くんの凱旋出演は胸が熱くなりました!Nのためにの窪田くん演じる成瀬くんが大大大好きなので…リバース好きな方は是非そちらも見ていただきたいです!

 

◎ボク、運命の人です 日テレ土曜22時

ベートーベンも偉大だが、彼を誕生させたベートーベンの父と母も偉大ーーー
真面目で女運がない会社員・誠は、ある日「神」と名乗る謎の男に出会う。神曰く、隣の会社に勤める晴子こそ彼の「運命の人」だというのだ。半信半疑の誠だが、神の助言通りに行動すると本当に運命かのように彼女に引き寄せられていく…

 

土曜日テレ改変枠第一弾!
私は野ブタ世代なので正直亀と山Pの再共演というだけで胸が熱くなりました。今季一番楽しみにしていたドラマです!

金子茂樹さんというこれまた天才脚本家によるオリジナル作品で、毎回見事な伏線が張られたゆるーい感じで見れる王道ラブコメでした。前期のカルテットのように些細な一つ一つの出来事が後の大きな伏線だった…!という巧妙なトリックみ溢れるドラマも好きですが、こういう単純明快なドラマも大好きで、誰が見ても楽しめる作品だと思います。山P演じる神の恋愛哲学もかなり的を得ていて、そこも好感が持てました。

かなり贔屓目かもしれませんが、山Pはクールかよく喋る役を演じさせたら天才的だと思うのです。今回はその捲したてる感じの演技がかなり光っておりました…!毎回山Pが小ネタを挟むのですが、亀の前で金田一のセリフを言った回は興奮しました…!!!!笑

個人的に亀梨くんのことはイケてる人代表だと思っているので、今回みたいな真面目で女の人に慣れてない役というのは正直違和感があったんですが、回を重ねるごとに慣れてくるもんですね…。でも顔がイケてる人なんだよな…最終回まで作業着姿というかあのジャンバー姿の亀に違和感しかなかったです、ええ。


ジャニーズはちょっと…という方もいらっしゃるかもしれませんが、ヒロインの木村文乃さん始め、満島真之介さん、菜々緒さんなど脇の方々もとてもチャーミングな役者さんばかりでした。木村文乃さんは無関心→デレを演じわけが本当にうまい…!今後もラブコメ作品出て欲しいですね。阿佐ヶ谷姉妹のお姉さんの演技が癖になったのは私だけじゃないと思っております。

毎回冒頭に伏線を投げて最後見事にきっちり回収するという流れだったのですが、最終回は結構モヤモヤが残りました。結局一郎地球救えたの?!間に合ったの?!!!!

でも「家売るオンナ」「地味スゴ」の続編があったのでボク運もあるんだろうな〜と期待しています。だって神の登場少なすぎません?!最終回あまりにも少なすぎません?!!!地球救えたの?!!ねえ?!!!!!

 

というわけで今回はここまでm(_ _)m
ボリュームにバラツキがありすみません。